文字サイズ
小 標準 大

小布施の農産加工品が揃う直売所

小布施屋・6次産業センター

ここに来ると小布施の旬が分かる

 町のシンボル雁田山の近くにある6次産業センターは、町内で最も大きな農産物直売所。平成11年のオープン以来、町の農産物を提供しています。
 小布施の新鮮野菜、果物を探そうと思ったらここがオススメ。朝8時30分頃から農家さん達が朝採りの農産物を運んできます。その新鮮さが魅力で開店の9時を過ぎると、さっそく主婦の方をはじめ町内の飲食店のシェフの姿も見られます。
 「農家さん達は野菜や果物のプロ。どの時期に、どんな食べ方をしたら美味しいか、スタッフはいつも教えてもらっているんです。特に農家の女性は料理のプロでもある。調理の仕方はもちろんですが、各家庭のレシピも教えてくれるので、それをお客様にもお伝えしているんですよ」。
気に入った野菜があったらぜひスタッフに尋ねてみたい。お店では味わえない、小布施の郷土料理のレシピを教えてもらえるかもしれない。

地元産のフルーツにこだわったオリジナルブランド「小布施屋」

 6次産業センターの“6次”とは、農業(1次産業)×加工(2次産業)×販売(3次産業)=6次産業として、総合的に展開していく産業のこと。ここ小布施町振興公社で運営している6次産業センターもその役割を担っています。
 小布施は果樹の町。さくらんぼ、プラム、ネクタリン、プルーン、桃、ぶどう、りんご等多くの種類の果物が栽培されています。中でも良質の地元産果物を選びジュースやジャム、はちみつやゼリーなどに加工して、新たな小布施の味を誕生させたのがオリジナルブランド「小布施屋」。ギフトが人気で、特に小布施の特産のブラムリー、チェリーキッスを使用したものが好評。現在、町内でも数か所でしか扱っていないため、小布施に来られない方のために通販も行っている。

栗に次ぐ、小布施の特産品クッキングアップル・ブラムリーとチェリーキッス

 クッキングアップルという聞きなれない言葉、これは「調理用、加工用のりんご」という意味で、ブラムリーは料理用のりんごです。日本ではまだ馴染がありませんが、ふるさとのイギリスでは、生産されるりんごの約半数がブラムリーとされ、とてもポピュラー。小布施で栽培が始まったのは1991年、最近では、今までにないその味わいは料理研究家やレストランのシェフ、愛好家から注目されています。
 一方、チェリーキッスは小布施生まれの酸果桜桃(さくらんぼ)。酸味が強く調理用として使われます。火を通しても鮮やかな赤色が変わらないのが魅力。
 とはいえ、実際に見たり、味わってみないとその魅力がわからないもの。そこで、小布施町では毎年フェアが開催されています。町内のレストラン、カフェ、ジェラートショップなど飲食店が多数参加して、それぞれオリジナルレシピを考案してお客様に味わってもらっています。年々レシピも増え、遠く県外からもこれを楽しみに来られる方も増えています。
 ブラムリーフェアは9月下旬頃、チェリーキッスフェアは7月上旬。期間限定メニューですので、ぜひご賞味ください。

小布施産の新鮮野菜が何でもそろう


小布施産の選りすぐった果物を使用した小布施屋


さっぱりと酸味が効いたブラムリージャムは人気の一品


正真正銘の小布施栗が手に入る!


施設情報

6次産業センター(小布施屋)
●住所
〒381-0209 長野県上高井郡小布施町大字中松496-1
●TEL
026-242-6600
●FAX
026-242-6601
●営業時間
9:00~17:00 冬期間は9:30~16:30
●定休日
なし。ただし冬期間は木曜日定休、年末年始
●メール
info@obuseya.obuse.or.jp
●ホームページ 
6次産業センター http://www.obuse.or.jp
小布施屋 http://www.obuse-ya.jp/

この近くのお店・施設