文字サイズ
小 標準 大

桝一市村酒造場

蔵元の手盃台(てっぱだい)で日本酒をいただく粋

 宝暦5年(1755)に創業した老舗酒蔵・桝一市村酒造場は、北斎館からほど近い場所にあります。
 杉玉の下をくぐって店内に入ると、目の前に大きな酒樽が出迎えてくれます。
 歴史を感じさせつつも、洗練されたディスプレイには、この酒蔵自慢の各銘柄が並びます。
中でも、「碧い軒(へきいけん)」「鴻山(鴻山)」「スクウェア・ワン」「白金(はっきん)」は代表銘柄。
 それぞれに個性ある酒で、どんな味かは実際に飲んでいただいてのお楽しみですが、実は店内に“手盃台”(てっぱだい)と呼ばれるカウンターがありそこでは、全銘柄を味わうことができます。様々な塩も用意されていて、蔵人姿の店員が粋な日本酒の飲み方を教えてくれます。
 小布施の地酒を、粋なスタイルで味わうのも、また旅の楽しみですね。

                               

         手盃台


施設情報

●住所
〒381-0294
上高井郡小布施町小布施807
●TEL
026-247-2011
●営業時間
9:30~17:00
●定休日
年中無休

●ホームページ
http://www.masuichi.com/

この近くのお店・施設