文字サイズ
小 標準 大

さくらんぼの愛らしい赤に囲まれて

山崎農園

季節のフルーツ狩りに是非おこしください!

山崎農園では、6月~7月にかけてはさくらんぼ狩りができ、毎年3000人前後の人が農園を訪れます。

「小布施町内で旗も目印もなく、地味にやっていますのでお客さんがここに来るのに道に迷っちゃうこともあるんですよ。」と園主の山崎正三さんは言います。
でも、田舎道をぐるぐる迷いながらたどり着くのも良い思い出になりますよね。 毎年訪れるリピーターも多いとか。旅行代理店のツアーも受け入れているので、シーズン中は大勢のお客様でにぎわいます。

農薬法改正によってどう変わりましたか?との質問に山崎さんは「今までよりも手間がかかることが増えたけれど、より安全で安心な果物を皆様に味わって貰えるように頑張っていきたいです。」とのこと。

ホームページなどでお客様とのコミュニケーション

山崎さんは山崎農園のHPを自ら作っています。
「なかなか、上手くはいかないけれど、うちの農園になっているさくらんぼの様子を見ていただければと思っています」。

山崎農園は元々国光という種のりんごを主に作っていたのですが他の品種に押され売れなくなったため、アスパラに転作。その後さくらんぼにと、時代の流れに合わせて作る果物も変わってきたのだそうです。 栽培の苦労にもさることながら、それまで経験したことのないお客様とのコミュニケーションをとるのがなかなか大変なのだとか。「悪戦苦闘しながらもサービス向上に努めています」と山崎さん。

さくらんぼ狩りの季節は6月~7月、30分食べ放題です。作柄や天候にもよりますが、まずはお電話でお問い合わせしていただくのが確実です。
JAにも出荷されているそうなのでそちらで購入することも可能ですが、食べ頃、取り立てが一番。ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。



施設情報

●住所
〒381-0201
上高井郡小布施町小布施2051

●TEL
026-247-4381

●営業時間
9:00~16:00

●定休日
期間中は無休。

●メール
syozo@sea.plala.or.jp

●ホームページ
http://www8.plala.or.jp/syozo/

この近くのお店・施設