文字サイズ
小 標準 大

信州高山温泉郷 緑霞山宿 藤井荘

眼下に松川渓谷を望む、月見縁台付の客室を楽しむ

かつて、森鴎外が「みちの記」に記し、俳人・種田山頭火が「雑木山のうつくしさよ、青葉若葉の青さ、せぐりおちる谷水の白さ…」と感激を表現したその昔から、信州高山の松川渓谷の素晴らしさは訪れる人の心をとらえます。
藤井荘の魅力のひとつは、こうした文人たちが褒め称えた景色を一望する「月見縁台付き」の客室があること。渓谷に向かって解放された縁台の椅子に座ると、全身を緑に包まれ時が止まるかのような気分に。そして、夜は山影を浮き立たせるような月の光り、星のまたたきを目にすることができる。自然との調和を考えられた客室は、藤井荘ならではの贅沢なおもてなしだ。

名物「ぽんぽん鍋」をはじめ、宿自慢の料理は信州の風土が生み出す、風味満点のお料理です

y藤井荘といったら「ぽんぽん鍋」。米油と他の植物油(季節によって変わる)をブレンドした油を使っ た串揚げのことで、自分で揚げながら3種類のタレでいただきます。
 このちょっと変わったネーミングの由来は、①昔、串のひとつに狸の肉を使っていた(今は使用してません)、②揚げて食べる時に、お鍋がポンポンと油の音がするので。③食べ終わったら、満腹で自分のお腹が狸のようにポンポンに膨れ上がってることから。と、言われています。気取ってばかりいないで、こんなしゃれっ気があるのも、長年愛される所以かもしれません。
 宿のこだわりは、朝取りの山菜、里人が丹精込めて作る野菜等々、地元の素材にこだわり、安心安全な食材を使うこと。 「地」素材は、「走り」「旬」「名残り」にあわせ、その都度、調理方法が変えられるので、季節の移り変わりとともに、食材の味の移り変わりも、もっとも美味しい状態で楽しめる。味覚のみならず体全体も喜びそうな贅沢なお料理となっている。

檜と大理石の大浴場&露天風呂「五万石風呂」

江戸時代、藤井荘の先祖が信州松代藩の家老だったことから名けられた「五万石風呂」。日によって男湯と女湯が入れ替わりますが、その名の通り浴室からの眺めは実に堂々として素晴らしく、続きの露天風呂では、渓谷を渡る風が気持ち良い。屋根がついているので雨や雪の日でも存分に湯を満喫できます。

 日常を忘れ、身も心も自然の中に任せ、別天地で癒される、そんな時間が流れる宿です。

月見縁台。間近に迫る深緑が心にやさしい


自然に包まれた優雅なひととき


地元の素材で旬を味わう


施設情報

●住所
〒382-0816
上高井郡高山村山田温泉3563
●TEL 026-242-2711 
●FAX 026-242-2411
●チェックイン 15:00
 チェックアウト11:00
●本館・三喬亭(12室)、離れ家・鳳山亭(8室) すべて渓谷が望める。
●大浴場2か所/かけ流しと循環濾過併用/15:00~1:00、5:00~9:30
 露天風呂か所2/かけ流しと循環濾過併用/15:00~1:00、5:00~9:30(大浴場に併設)
●料金  1泊2食付 20,000円~ 季節・部屋タイプにより変わります。(2名1室でご利用の場合)
●HP http://www.fujiiso.co.jp/
●交通 
【お車】
<東京方面から>
◎東京から関越自動車道、上信越自動車道で須坂長野東I.C下車して須坂へ。山田温泉まで15㎞。
◎東京から中央自動車で岡谷へ。岡谷から長野自動車道、上信越自動車道で須坂へ。山田温泉まで15㎞。
<名古屋方面から>
◎名古屋から中央自動車道で岡谷へ。岡谷から長野自動車道、上信越自動車道で須坂へ。山田温泉まで15㎞。
<大阪方面から>
◎大阪から名神高速道路で名古屋へ。名古屋からは中央自動車道で岡谷へ。岡谷から岡谷から長野自動車道、上信越自動車道で須坂へ。山田温泉まで15㎞。
【電車】
<東京駅から>
◎東京→長野 長野新幹線(約1時間30分)長野から長野電鉄線(特急約16分)→須坂から長電バス(約35分)→山田温泉(終点)
<名古屋駅から>
◎名古屋-中央線(約3時間)→長野-長野電鉄線(特急約16分)→須坂からバス(約35分)→山田温泉(終点)
【タクシー】
須坂駅前から約20分
【送迎】
迎え:無 /送り 有(バス・マイクロバス)
送り先:須坂駅・小布施駅
条件:1名様以上
備考:須坂駅経由で小布施駅、小布施町内観光施設への送りのみ
長野駅からのお得なタクシー会社も手配出来ます。改札までお迎えに上がります。
詳細についてはお問い合わせください。

この近くのお店・施設