文字サイズ
小 標準 大

美術館

北斎館 北斎の情熱が今もここに息づいている
小布施で描かれた肉筆画、画稿、書簡などを展示しています。
男波・女波と称される『怒濤』の二枚の天井絵は、その美しさに魅了されること間違いなしです。
おぶせミュージアム・中島千波館
小布施出身の日本画家、中島千波の作品展示を中心としたミュージアムです。
高井鴻山記念館
北斎を小布施に招いた高井鴻山にまつわる資料、彼が生み出したおびただしい作品群が集積しています。小布施文化の大きな源泉がここにあります。
日本のあかり博物館 あかりの歴史で日本の闇夜を知る
日本のあかりの始まりから電灯が灯るまでのいろいろなあかりの道具を展示。
館内の体験コーナーでは、あんどんの明るさ体験や、火打ち石での火点け、年に何回かあかりの道具を自分で造れる教室も。(要予約)
急須コレクション茶俚庵 日本のお茶時間を楽しむ
土蔵を改造したコレクションルームには約150点ほどの急須コレクションが展示されています。
人間国宝の三代山田常山や、幕末の青木木米の南蛮写しの急須なども!
古陶磁コレクション「了庵」 陶磁器の魅力を満喫
庵主の中原了さんが収集した貴重な古伊万里や古陶磁が展示された個人の美術館。
挽きたてのコーヒーのいただける喫茶室もありくつろいでいただけます。
小さな栗の木美術館 洲之内徹氏との親交から生まれた個性派コレクション
文字どおり小さな、しかし秀逸の絵画がならぶ心に残る美術館。美術ファンなら見逃せません。
小布施歴史民俗資料館
小布施の歴史をたどる素朴な資料館。
おぶせ藤岡牧夫美術館
雁田山の麓にたたずむ美術館。北信濃の風景をそのまま切り取ったような、 心がほっとする、どこか懐かしい絵画に包まれます。
ギャラリー 栗日記ぎゃらりー
栗庵風味堂内に併設されているギャラリーには、栗にまつわるイラストがたくさん展示されています。
ギャラリー唐十郎(とうじゅうろう)
陶芸、水墨画、浮世絵年賀状など秀作の展示即売