文字サイズ
小 標準 大

果樹も実をつけ始めた爽やかな季節です[農産物の話]

2013年05月23日


ふじの子ども。5つある実のうち1つだけを残して落とす摘果作業をこれからします。


こちらは津軽。早い品種なのでぷっくりし始めてます。こうして1つだけ残すと栄養が集中して美味しくなります。


冠水といって、こうして水撒きをして果樹に水やりをしています。気を許して歩いているとシャワーを浴びます。


栗の木も青々としてきました。今月末頃から花が咲き始めます。見に来てください。

5月の爽やかな風が、千曲川や雁田山を渡って小布施の町を気持ちよくさせています。
果樹畑は花の季節を終え、りんごやプラムなどが小さな、小さな実を膨らませ始めました。
今年は花の時期に、突然霜が降り、今後の生育がちょっと心配ですが、
きっと元気に育ってくれるでしょう。
果樹の成長を見に、ぜひお越しください。