文字サイズ
小 標準 大

季節の風景

色とりどりの秋

2011年11月12日


青空に黄色のコントラストが美しいです

小布施の秋も本番!
雁田山は秋色に染まり、
イチョウの樹も
あざやかな黄色に染まりました!

いよいよ秋色に

2011年10月16日


一面に金色の田んぼです。曇っているのが残念ですが

つい数日前はこたつを出そうか迷うほど寒く、
そして、昨日と今日は上着を脱ぐほどの暖かい日となりました。
雁田山をはじめ、向こうに望む志賀高原あたりは、
うっすらと赤に色づき始めました。
野菜や果物など農産物も収穫の最盛期です。
小布施に秋がやってきました。

味覚の秋が近づいています

2011年08月28日


リンゴは虫よけやキズから守るために袋をかけます。

あと数日で8月も終わり。暑さに名残惜しさを感じつつも、
すくすくと育っている果物たちを見ると、
秋の到来も楽しみです。

夏と秋の交差点

2011年08月26日


栗林では、夏の終わりのひまわりとコスモスが一緒に咲いてます。

ここ数日は、雨が降り続いて少し肌寒く、
夜には秋の虫が鳴き始め、
「あぁもう、秋か...」と思うと、
日中日差しがあると、
夏のあの暑さがよみがえる!

夏と秋が、ゆらゆらと移り変わっている
小布施です。

小布施の雪情報 その2

2010年12月25日


季節は冬!ということで、ついに小布施に雪が積もりました。
といっても、ほんの1~2cmくらいでしょうか。
すぐにとけてしまうかもしれませんが、
日本上空には寒気が流れてきているようですね。


雪といえば、スキーやスノボード。
ゲレンデの雪はどのくらい積もったのでしょうか。
長野県のスキー場にいらしたら、小布施にもお立ち寄りください。
「ほっと、安らげる空間」の小布施で温まってください。


雪景色の小布施もいい雰囲気です。


お待ちしています。

小布施の雪情報 その1

2010年12月20日


長野県でも北に位置する小布施町には、「雪は降っていますか?」「どのくらい積もっていますか?」など、冬になるとよくお問い合わせをいただくことがあります。
確かに降るときは、30cmくらい一気に積もってしまうときもありますが、豪雪というほどではありません。


ただ、一度降ると日陰は根雪になることもありますし、路面なども特に朝のうちは凍結してしまうこともあるものですから、私たちは12月に入るとスタッドレスタイヤに履き替えて降雪に備えています。
また、降雪があった場合は、あたり前のことですが、急ブレーキ、急発進、急ハンドルにならないように気をつけてゆっくりと慎重に運転しています。


冬本番はもう少し先になりそうですね。
お正月も一部の美術館を除いて開館しておりますので、どうぞ小布施町にお越しください。

小布施は、名残雪が降りました。

2010年03月30日


ここのところ、お天気がぐずついていましたが、3月29日から30日にかけて降雪がありました。
本当に今年の小布施町は例年よりも雪の降る日が多く、早く春にならないかと待ち遠しく思っておりましたが、まさかの雪で驚いています。
ただ、今日は晴天ですので、この雪もすぐにとけて、春らしい景色に変わることでしょう。
4月にはウォーキングなどのイベントなども数多く計画しています。どうぞ小布施町にお越しください。

雪がとけて、春めいてきました。

2010年02月23日


全国的に雪がよく降った今年の冬でしたが、このところのいいお天気で小布施町もすっかり春めいてまいりました。朝は、小鳥の鳴き声がにぎやかです。これから木々に新芽もつき、少しずつですが、春の訪れを感じることができる季節になります。
春には「花巡り健康ウォーク」を開催します。オープンガーデンにしているお庭や玄照寺で行われている「境内アート小布施×苗市」を見学します。穏やかな春の陽ざしの中を、ゆっくりと散策します。
これから小布施町もいろいろなイベントを計画しています。どうぞ小布施町にお越しください。

雪に包まれています

2010年01月04日


小布施は雪国北信濃に位置する町。大晦日以来荒れ模様で、ご覧のようにりんご畑も白銀の世界となりました。とはいっても最近は一昔前のように町が埋もれてしまうほどの大雪が降ることはありません。
冬のメインイベント「安市」も間近です。「白い小布施」をぜひ歩いてみてください。

下界は紅葉真っ盛り

2009年11月10日


周辺の高山では早くも雪が降り、冬が近づいてきたことを知らせています。
でも小布施の町並みでは、まだまだ紅葉が見ごろ。千曲川ハイウェイミュージアム横のポプラ並木は全ての葉が黄色く染まったところで、この光景を目当てにアマチュアカメラマンも集まっています。
ここは、「ミュージアム」のほか「道の駅」や「農産物直売所」、そして広大な「総合公園」が一体となった公園ですので四季折々の光景が楽しめるスポットです。
ハイウェイオアシスにもなっていますので、上信越自動車道で通過する方も車をとめて散策してみましょう。