アセット 1

スポット情報

アセット 2

心と身体を解き放つ寛ぎの宿

高山温泉郷・山田温泉 平野屋

その他

宿

静かな山の温泉で、身も心も和らぐ寛ぎの宿

小布施から車で約20分のところにある、お隣り高山村の山田温泉郷。「平野屋」はその一角にあります。村のシンボル大湯の目の前にあるこの旅館は、こじんまりとしているものの隅々まで行き届いた心遣い、それでいて訪れた人が肩ひじ張らずに“ほっ”とできる居心地の良さが人気の宿です。

体がぽかぽか、いい湯 源泉かけ流し
山田温泉のお湯は含硫黄、ナトリウム、カルシウム、塩化物泉。硫黄の匂いがします。平野屋のお湯ももちろんこれ。泉温は68.5℃とやや熱めなので水で湯加減を。でも心配することなかれ、源泉かけ流しなので湯船はいつでも新鮮なお湯でいっぱいです。無色透明ですが底には白い湯の華が。肌にしっとりとまとうようなお湯なので、夏は湯上りさらりと、冬はいつまでも体ぽかぽか、この泉質がとても人気! 内湯のみだがこの泉質と、清潔感ある浴室の大窓から眺める松川渓谷の景色があれば十分温泉を満喫できます。

泊食分離の宿泊スタイルで、温泉入浴と周辺の自然、文化、食が楽しめる!

平野屋では、素泊まりを基本として、食事を希望によりつける「泊食分離」スタイルをとっています。従来の温泉入浴に加えて、周辺の自然や歴史、文化、食などを楽しみながら、地元の人と触れ合い、地域全体を体感して心身ともにリフレッシュする、いわば新しい湯治のスタイルだ。
「ふと昔の温泉場を思い出すと、2回、3回と湯に入ることを楽しみ、部屋でくつろぎ、自家製の漬物をつまみに話を弾ませる。そんなことを楽しんでいたように思います。泊食を分け夕食の提供を地域に託すことで、お客様にはさまざまな地元の美味しい食事を味わっていただくことができ、また恵まれた自然を堪能していただくこともでき、旅本来の楽しみ方を味わっていただけるのではと考えました」(若女将・関谷智香さん)。
ゆったりと休日を楽しむのもよし、リラックスした環境の中で新しいアイデアを考えるワーケーションで利用するもよし。宿の新しい使い方を楽しめそうですね。
滞在をデザインする、お気に入りのオプションを組み合わせて充実滞在に!

滞在の魅力のひとつは、自分の興味、好みに合わせてオプションを選べること。
まずは食事。夕食はお弁当、あるいは地域のお食事処をご案内できます。お弁当は 「おにぎり弁当」「無添加素材の手作りお弁当」「和洋食創作のお弁当」「ジビエと地野菜のお弁当」からお選びいただけます。朝食は「長野米ごはん朝食」または「焼き立てパン朝食」が選べます。それからお部屋。和室で布団が基本ですが、リクエストをするとベッドも対応します。
また、アクティビティとして地元の女性が中心になっておこなっている「ちな農園」。季節の農作業体験をはじめ、ドライフルーツづくり、温泉ヨガ、人気カフェの料理教室、アロマテラピー。座禅等々。山田牧場では馬に触れ合う体験などもあります。
周辺地域のレストランでお食事して、朝食をつけるもよし、お弁当を頼んでゆっくりと温泉三昧もよし、体験を通して地元の人たちと交流するもよし。思い思いの旅がデザインできるのも平野屋ならですね。

自然がすぐ側にあるからこそできるサービス 星空観察、ほたる見物

地域の素敵な風景を見てほしいと、いくつかのサービスを提供してくれるのも魅力。
例えば「星空観察」。平野屋のある山田温泉は上信越国立公園の一角、すぐ側に豊かな自然がある。夏になると、若女将が「星を見に行きませんか?」と誘ってくれる。ロビーの一角にあるテラスからももちろん星空を見上げることはできるが、若女将がお誘いしているのはとっておきのスポット。「宿の車で皆さんをお連れするのですが、そこは、冬はゲレンデなので辺り一面が開けていて、夜は街灯などがない場所。車のライトを消すと真っ暗なんですが、目が慣れてきて見上げたらびっくり!! どれが星座か分からない程の満天の星空が、頭の上一面に広がっているんですよ。うぁ~って声がいつも上がります。私も何度見ても感激してします」。いったいどれだけの星が見えるんだろう? 実際に自分の目で確かめたくなりますね。
またある時は「蛍を見に行きませんか?」と誘ってくれる。平野屋から少し下がったところにある集落の中の田んぼのあぜ道。山の涼しい風に乗ってガエルの合唱、絵に描いたような田舎の夜。そこに、ぽっぽっと舞う蛍の姿。懐かしさとロマンチックが混ざる素敵な夜になること間違いなし。
こうして季節ごとに宿泊するお客様を楽しませてくれる。こんな宿の心遣いが嬉しい。

Information

住所 長野県上高井郡高山村大字奥山田3606-2
TEL 026-242-2811
FAX 026-242-2828
営業時間 チェックイン  14:00
チェックアウト 10:00
URL http://www.hiranoyaryokan.com/