アセット 1

スポット情報

アセット 2

自転車で長野を楽しく!走ろう!!

スポーツ自転車レンタル&カフェ&ゲストハウス maaru

中心部

宿 レンタサイクル

もっと気軽に自転車を楽しんで

おぶせミュージアム・中島千波館や、ガラスギャラリ―、ブティック、家具工房などが並ぶ観音通りに、スポーツ自転車専用のレンタサイクルショップがあります。その名はmaaru。「車輪の丸(まる)のイメージと、遊んでまわる→遊んでまある→乗ってまある”とイメージして「まある」と名付けました」と、ダジャレ半分でニコやかに話してくれるのは、サイクリスト歴5年のオーナーの阪田明子さん。
そもそも、お店を始めたきっかけは“腰痛”だったそうだ。「ある時、テレビを見ていたら腰痛には自転車がいい! という話をしていたんです。以前から友人にも勧められていたこともあって乗ってみようか! とスポーツ自転車を買ったのが始まりです」(阪田さん)。
それまでスポーツタイプの自転車には乗ったことがなく初心者だったが1か月くらいで慣れたそうだ。当時、勤務していた会社まで片道4㎞の通勤。スポーツ自転車だと坂道も苦にならず、その楽しさにすっかりハマってしまったのだ。
「当時は、周りには1、2人くらいしかライダーがいなくて。その楽しさをもっと分かち合いたくて誘うんだけれど、なかなかみんな乗ってくれない。若い女の子達っていろんなことに興味があって、『自転車に乗ってみたいけど、1台10万円は……』って、やっぱりハードルが高いんですね。ちょっとだけ乗れるような、貸してくれるところがあったらいいな、と思い始めたんです」(阪田さん)。

自転車でしか味わえない旅の楽しみがある!

オーナーの阪田明子さんは旅先でもよく自転車を借りるそうだ。
「旅行に行ったら、ママチャリでも電動でも、自転車を借りて回るんです。自転車のいいところは、歩きでは見られない風景やその土地の人たちの生活が感じられる景色が見られたりすること」(阪田さん)。これまで印象に残った土地は陸前高田、琵琶湖など。車に自転車を積んで旅行に出かけることもあるそうだ。日本ではまだ、自転車に乗って広範囲に旅を楽しむということに馴染みはないが、海外ではよくあるそうだ。しかし、あまり遠くに行って帰ってこられなかったらどうしよう……なんて思ってしまうのだが。「実は自転車専用のバッグがあるんですよ。もし帰りに疲れてしまったらバックに入れて電車で帰ってくるって方法もあるから大丈夫ですよ」。なるほど、楽しむためのバックアップ方法も考えられているんですね。

自転車を楽しむサイクリストの拠点になりたい

maaruで貸し出している自転車は全部で10台。ハンドルがT字型のクロスバイクが8台、ハンドルがU字型のロードバイクが2台。いずれもアメリカで一番大きな自転車メーカーTREK社製で、世界トップブランドのひとつだ。世界のトップメーカーのものだ。「初心者の方にはクロスバイクがおススメ。前傾はきつくないですし、タイヤもママチャリとほぼ同じ。ちょっと挑戦してみたい方にはロードバイク。前傾しますが、タイヤがツルツルなので接地面が多く安定した走りができます。もちろん、試乗してからどちらにするか決めてもらえます」。最初は些細なことでも不安かもしれませんが、阪田さんが丁寧に指導してくれるので女性の方でも安心。ヘルメットは無料で貸し出してくれます。

maaruの店先には、数台の自転車を停められるスタンドがあり、店内にはカフェスペースもある。「ここでは、自転車で小布施に来た方の自転車を無料で預かりますし、サイクリングコースの案内はもちろん、おすすめのお店情報なども紹介しますよ。パンクなど困ったら立ち寄ってください。簡単なメンテナンス、チューブなどの部品販売もします。今はまだ準備中ですがシャワースペースも考えています。いろんな人が集まって情報交換をしたりして、サイクリストの拠点にしていきたいんです」(阪田さん)。
小布施町内は半径2㎞ですが千曲川の堤防、延徳たんぼ、りんごや栗畑など自転車で走ると気持ちのいいコースが沢山。小布施周辺にも善光寺、須坂市、高山村、中野市、飯山市と自転車ならではのおすすめコースが四季折々にあります。ぜひ、新しい旅の楽しみ方を試してみてください。

旅×自転車×宿=無限の楽しさ!

maaruの2階はゲストハウスになっています。1日1組限定なので他のお客様に気兼ねすることなくお一人でも友人同士、ご家族などでゆっくりお過ごしいただけます。お部屋は約85㎡、リビング、キッチン、トイレ、ユニットバスが揃い寛ぐには十分な広さです。

小布施観光を目的にご利用いただくのはもちろんですが、せっかくmaaruに滞在するのですからクロスバイクやロードバイクで足を延ばして近隣の観光に出かけてみてはいかがですか。オーナーの阪田さんが、各地域の絶景スポットや、おすすめのお食事処やお茶する店を教えてくれるのでコースづくりも安心。また、美しい景色や山だらけの長野でロングライドやヒルクライムを求めるサイクリストさん達の宿泊拠点として利用するのもおススメです。自分の自転車を積んでくるも良し、身軽に行動したいのならレンタルしても良し。もちろん1日遊んで帰ってきたらメンテナンスもOK。

一か所にとどまるだけでなく自転車をプラスすることで、その日一日で体験することが増えて豊かな気持ちになれそうですね。阪田さん自身、かつて国内はもとより、ヨーロッパ、中東、アフリカ、アジアを個人旅行で巡った経験の持ち主。自転車があったから経験できたことを伝えたくて、そしてまた旅先で感じたこと、例えば、立派なホテルじゃなくていいから広さと清潔さがほしい、プライベートな空間にいたい、洗濯は無料でさせてなど、こうだったら良かったのに、という経験をこの宿に反映させています。

新しい旅のスタイルを体験してみませんか?

【小布施ゲストハウスまある】

定員=4人

料金=1人目5000~7000円 追加1人につき2000~2500 

予約方法=Airbnbからのみ。https://airbnb.com/h/obuse  

 

 

 

 

Information

住所 長野県上高井郡小布施町大字小布施618-7
TEL 050-5328-1305
営業時間 8:00~17:00
定休日 水曜日、冬期間
URL https://maaru-obuse.com/
ゲストハウスmaaru HP

https://yado.maaru-obuse.com/